引っ越しを格安に済ませる方法

年が明けたら、そろそろ引っ越しシーズンも始まりますね。

引っ越しにかかる費用をなんとか抑える方法はないものか。

探していたら、引っ越しが格安でできる業者を発見しました。それも100円で!

その名も「100円引越しセンター」。それは、引っ越しと同時に指定のインターネット回線を申し込むことが条件です。どうせ引っ越し先で加入しなきゃと思っている人には願ったり叶ったりのサービスだけど、あまり安すぎるのも心配です。

指定のインターネット回線はNTTのフレッツ光なので、そんなあやしいものじゃないけど。

さらに、サイトには「専門の引っ越し業者が大切に運びます」とは書いてあるけど。

きっとインターネット回線契約のマージンが引っ越し費用に転化されているのでは? と憶測。

100円の条件は、単身や二人暮らしの引っ越しでは移動距離50kmまで、ファミリーだと30kmまで。それよりも距離が延びると加算されるようです。

さらに、3月17日から4月8日までの繁忙期には、5千円から2万円の特別料金が加算されるようです。そりゃ、そうだよね。

ちなみにここ、オフィスの100円引っ越しプランもあります。

気持ちが落ち着いたときに電話カウンセリングを利用してみる

日々の生活を送る上で悩みを持っている人は多いと思います。

仕事上のトラブルや人間関係、そして集団生活を送る上でも人間関係で

悩むということがあるのではないでしょうか。

そして学生にも人間関係の悩みを持ったり、成績や勉強についても悩む

ことがあるようです。

これらの悩みを誰かに相談することかできて、そして解決につなげることが

できれば一番よいのですが、誰にも相談することができずに1人で抱え込んで

しまうというのはとてもつらい状況だと思います。

精神的な負担がかなり大きなものになってしまい、体調を崩したり精神的に

不安定な状態になることもあるのです。

そこで電話カウンセリングを利用して、話をしてみてはどうでしょうか。

専門カウンセラーがいる電話窓口になり、様々な悩みを聞いてくれますし

対策、アドバイスを教えてくれることでしょう。

まずは相談をする、話をするというところから始める必要があると思います。

受付時間は長く設けられていますので、気持ちが落ち着いたときに利用する

ことができると思いますよ。

1人で悩みを抱え込んでいては前に進むことは出来ません。

前に1歩でも2歩でも進むためには、相談をするということが大切になるのです。

引っ越しにかかわる見積もりは多岐にわたる

引っ越しってお金がかかりますよね。

引っ越し荷物の運送料金に目が行きがちだけど、それだけではありません。

新しく生活を始めるんだったら家具や電化製品、生活雑貨をそろえるのにもまとまったお金が必要です。

賃貸物件だったら、前家賃(1ヶ月分)+敷金(2か月分)+礼金(2か月分)+仲介手数料(1か月分)+火災保険料(2万円前後)が必要ですし。つまり、家賃6か月分と火災保険料を用意して払わないといけないわけです。

地域や不動産業者によっては、敷金・礼金、仲介手数料の料金が要らない場合もありますが、それでも、家賃1ヶ月分と火災保険料は先に支払わないといけないわけで。

引っ越しする際には不用品が出ますが、この処分に、粗大ごみ回収費用や家電リサイクル料金がかかる場合もあります。

この辺も引っ越しにかかわる経費の見積もりの中に入れておかないといけませんね。

今はしない人も多いようですが、引っ越し先ではご近所に挨拶しておいたほうが、その後のトラブル防止にもなり、なにかと安心だと思います。そのときに手渡すちょっとした品も、引っ越し前に準備しておくほうが、バタバタしなくて済むでしょう。