引っ越しにかかわる見積もりは多岐にわたる

引っ越しってお金がかかりますよね。

引っ越し荷物の運送料金に目が行きがちだけど、それだけではありません。

新しく生活を始めるんだったら家具や電化製品、生活雑貨をそろえるのにもまとまったお金が必要です。

賃貸物件だったら、前家賃(1ヶ月分)+敷金(2か月分)+礼金(2か月分)+仲介手数料(1か月分)+火災保険料(2万円前後)が必要ですし。つまり、家賃6か月分と火災保険料を用意して払わないといけないわけです。

地域や不動産業者によっては、敷金・礼金、仲介手数料の料金が要らない場合もありますが、それでも、家賃1ヶ月分と火災保険料は先に支払わないといけないわけで。

引っ越しする際には不用品が出ますが、この処分に、粗大ごみ回収費用や家電リサイクル料金がかかる場合もあります。

この辺も引っ越しにかかわる経費の見積もりの中に入れておかないといけませんね。

今はしない人も多いようですが、引っ越し先ではご近所に挨拶しておいたほうが、その後のトラブル防止にもなり、なにかと安心だと思います。そのときに手渡すちょっとした品も、引っ越し前に準備しておくほうが、バタバタしなくて済むでしょう。